尼崎K邸

桃の花がウッドデッキに覆いかぶさり自然と溶け込む

春は桃の香りに包まれて、夏は快適な緑陰空間になります。

メッシュトレリスで囲み落ち付いた空間としました。
デッキには、ベンチを設けベンチの座の下は収納部としました。

施工のポイント:

庭が十分に活用されていないのが課題でしたので、
既存の桃の樹と室内をつなげるように
ウッドデッキで半屋外のスペースをつくりました。

雑草駆除から解放されました。
ウッドデッキは東南の隅にあった桃の樹の枝が、
覆い被さるようにプランしました。

早春は桃の香りに包まれて、夏は快適な緑陰空間になっています。
隣接する和風庭園のゾーンをつなぐ結界は、
ゲートを造り園路も季節の風情を味わえる楽しい歩行空間としました。

以前は閉鎖的な外構で玄関の位置が分かりづらいのとこでした。 
門廻りのゾーンはブロックの塀を取り、
オープンな前庭として高さ2mの力強いフレームを枕木で構築。
直行するラインに鋳物門扉を取り付けました。

アプローチはゆるやかな曲線を描き、
玄関袖壁のコンテナ花壇を目標に進む楽しみのあるアプローチとしました。

桃の開花時にはウッドデッキに覆いかぶさるように花が咲き居心地の良い場所です。

門廻りは枕木のフレームで力強くコンテナで優しく演出しました。

軒下(犬走り)も有効に、庭の空間として活用しました。犬走りの仕上げにも気を配り、軒下部分も綺麗な見せ場となるように工夫しました。浴室窓の面格子が気になるところですが、面格子にハンギングバスケットを掛け、つる植物で下のコンテナと連続させ緑化しました。床の仕上げにもアンティークレンガと敷き砂利を使い緻密な配慮を施しました。

室内(リビング)からウッドデッキへ緑の連続を図るために、リビングには大きなコンテナを置き、観葉植物を楽しみます。

TEL 0797-88-2857

PAGETOP
Copyright © 株式会社宝塚ガーデンアブリール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.